生産量1%以下のりんご「蜜紅玉」を10月21日より限定発売

d29397-1-266043-0

生産量1%以下のりんご「蜜紅玉」を10月21日より限定発売
〜 知る人ぞ知るりんご完熟紅玉りんご〜

(有)伊達水蜜園(本社:福島県伊達市、代表取締役:佐藤佑樹)は、樹上完熟紅玉りんご「蜜紅玉」を2017年10月21日(土)より限定発売いたしました。今回発売するのは樹上完熟させた紅玉りんご。今現在、りんごの全国栽培品種シェアで1%しか紅玉は栽培されておらず、また完熟紅玉はその1%以下になります。この完熟紅玉は昔から、農家だけがその味を楽しんでいたりんごであり、またほとんど市場流通せず、そのため知名度がない、知る人ぞ知るりんごです。

【URL】http://datesuimitsuen.com/mitsukougyoku/

蜜紅玉の3つの特徴
1.収穫時期を一ヶ月遅らせて収穫する樹上完熟りんご
2.完熟させてもしっかりと酸味が残っており、りんご本来の味を楽しめます
3.限定期間だけの出荷。完熟紅玉は日持ち性が非常に悪く1年のうち約10日間しか出荷できません

蜜紅玉誕生の背景
約30年前、周りの農家が次々に紅玉りんごの栽培を減らしていく中「酸味がある紅玉こそりんごの基本」という信念の下、先代は1人だけ紅玉を植え続け、今現在では年間約4万個の紅玉を生産する紅玉専門農家になっています。

その最中、私たちは昔から農家だけが楽しんでいた完熟紅玉に辿りつきます。完熟紅玉は美味しいりんごであるのですが、その日持ち性の悪さから市場流通にはむかず、表舞台に出る事はなく隠れていたりんごなのです。この完熟紅玉を知ってほしいという思い、そして流通が発達した今なら、流通できると考え販売に踏み切りました

【「蜜紅玉」製品概要】
特別なりんごだからこそ、福島の伝統工芸品「会津木綿」で包んだ特別なパッケージでお届けします。
価格:5000円(税込み・送料込み)
​内容:完熟紅玉4個
販売方法:ネット販売のみ

(有)伊達水蜜園について
福島県で30年ほど前から果樹栽培をはじめ、2003年に法人化をした農業法人です。果樹をメインに生産、販売、加工を手掛けております。また近年はクリエイターの方と一緒に農園PV作成や果物の新型パッケージ「シェアフルーツ」など、農業に表現力をとの思いで様々な取り組みをはじめました。

農園PV

​シェアフルーツ ※2017年グッドデザイン賞受賞
http://datesuimitsuen.com/sharefruit/

【会社概要】
会社名:(有)伊達水蜜園
所在地:福島県伊達市伏黒上ヶ戸28
代表者:佐藤佑樹
設立:2003年
URL:http://datesuimitsuen.com/

事業内容:果物の生産、販売、加工

【お客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせ先名称》
TEL:024-584-2798
e-mail:info@datesuimitsuen.com

関連記事