【赤坂見附】『東洋軒』は最高峰の洋食レストラン!

65955f57ce83592df26c49702f945094

赤坂見附「東洋軒」は最高峰の洋食レストラン!巨匠とともに王道メニューで勝負
赤坂見附「東洋軒(とうようけん)」は、ミシュラン2ツ星を獲得したフレンチの巨匠【世界のナリサワ】が手がける、王道の洋食料理でありながら新しい美味しさを追求し続ける名店!
一度は食べたいコースメニューは厳選素材を贅沢に使用した絶品づくしです♡

世界のナリサワが仕掛ける最高峰の“洋食”

「世界のナリサワ」と聞くと、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。成澤由浩氏はミシュラン2ツ星を獲得したアジアNo.1レストランのオーナーシェフ。世界が認めるフレンチの巨匠です。
日本中の優れた素材を知り尽くした成澤シェフが監修を手がける“洋食”レストランが、赤坂見附で食通を虜にしています。
赤坂見附「東洋軒(とうようけん)」

828bfd8bc1de53d59c27fde2de9ea478

元々東洋軒は、明治22年に創業し宮内庁御用達として有名だった老舗レストランでした。支店として続いていた三重県の『東洋軒』が今回東京に進出、赤坂の地で復活を遂げたのです。

0a135698441d9ebdfc37edccc55f3f47

内装は上品で高級感のある雰囲気。静かな大人の空間が広がり、食材と真摯に向き合うシェフの姿が垣間見られるようです。
高級感漂うインテリアに、行き届いたサービス、きれいなプレゼンテーションで次々に出てくる懐かしくも美しいお料理。大満足なレストランです。

日本人に愛される“洋食”の王道を味わう

c74496c3fe8e980a949ed91631bcc338

“洋食”を愛する食通の舌を魅了するコース料理には、高級食材が惜しみなく使用されています。放牧豚のメンチカツや、松坂牛を使ったハヤシライスとカレーなども大好評。 コースのメニューを引き立てるのは、国産小麦と発酵バターを使ったパンや、炊きたてにこだわったご飯。ご飯は特製ガス台でテーブルごとに炊きたてを提供するこだわりようなのです。
▶贅沢に味わい尽くすコース…¥5,800
* ニース風サラダ

7b805146e0b7cf4c02adc13fc0597357

サラダを彩る野菜は無農薬で育てられたもの。濃厚な味わいと芳香が楽しめるシェリー・ビネガーのドレッシングでどうぞ。
* 大磯産のアジのフライ

2326befbf11b6da498f39203e3eef4fb

鯵のフライは揚げ加減が絶妙。タルタルソースと自家製ウスターソースで味わうことができます。

* 松坂牛のハンバーグステーキ

2b6a51ac6e2b12cb78b0a4eeeea6b4f6

ジューシーな松坂牛100%のハンバーグ。ふわっとした柔らかさと、混じりっけなしのお肉の旨味は感動的です!
* ハヤシライス

a57eaf35552897c8c30846e0a836481a

こちらも正真正銘の松阪牛を使用。酸味と肉の旨味がバランス良く、タマネギの食感も程よく残る贅沢な味わいです。
* プリンアラモード

c1e9287afd251f3a199d68baf013234b

色とりどりのフルーツとカスタードアイス、そしてプリン!懐かしいけれど今もなお色褪せない、洋食の王道デザートですね。
一部メニューが選べるコース料理は、美味しさのあまり全パターン制覇したくなるかも!?
世界に誇る名シェフとともに日本きっての名店が復活!この記事を最後まで読んでくださった、洋食好きな貴方にぜひオススメです♡

▶店舗情報

350bc724502e69f90aa7e05bea6e2132

【住所】〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂Kタワー1F
【TEL】03-5786-0881
【営業時間】※夜の営業は予約のみ <昼>11:30~15:00(L.O. 14:00) <夜>18:00~23:00(L.O. 21:00)
【定休日】不定休
【参考URL】http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13164394/

> 東洋軒(公式ページ)

関連記事