【カフェとステーキ!?】シンガポール人気レストラン『tcc』が東京・銀座に初上陸!!

tcc_ginza22

シンガポールの人気レストラン「tcc」が東京・銀座に初上陸!イチオシは“巨大”リブロースステーキ
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

シンガポールで人気のカフェ・レストラン「The Connoisseur Concerto(ザ・コナッサー・コンチェルト、以下 tcc)」が、このたび国外初の店舗として日本に初上陸。「tcc Cafe & Restaurant(ティー・シー・シー カフェアンドレストラン)」と「tcc Steak & Seafood(ティー・シー・シー ステーキアンドシーフード)」が2月16日、東京・銀座にオープンしました。

なんとこちらの『tcc』国外店舗では東京が初出店!!!

tcc は、シンガポールのガイドブックに“オススメのローカルカフェチェーン”として必ず登場するという人気のカフェ・レストラン。

しかも銀座駅から徒歩1分というなんとも便利な好立地。

日本1号店は2フロア構成で、下のフロア(3階)の tcc Cafe & Restaurant では、カジュアルな雰囲気の中で、サイフォン式で淹れたスペシャリティコーヒーや10種類以上のアレンジコーヒー、パスタ、スイーツなどが楽しめます。

シーン別に使い分けもできていいですよね。

tcc_ginza9

3階ではこだわりのコーヒーとともにゆっくり食事を楽しめる

一方、上のフロア(4階)の tcc Steak & Seafood では、ゆったりとした空間の中で、上火式ブロイラーで焼き上げる本格的なステーキや新鮮なシーフードなど“ハイクオリティ”なメニューを味わうことができます。

tcc_ginza26
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

4階には、さらにハイエンドなメニュー&空間を用意

●tcc Cafe & Restaurant(3階) おすすめメニュー

tcc プレミアムバーガー 150g 1,400円

tcc_ginza16
厚みのあるビーフパテを挟んだ絶品バーガー
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

アメリカ産ビーフ100%の“特製パテ”で作られる tcc のオリジナルバーガー。「ビーフ100%」だけあって“つなぎ”は使われておらず、牛肉のみだけの分厚いパテがサンドされています。そのため、程よい弾力のあるパテは噛むごとにしっかりとお肉の旨みが感じられる仕上がり。

お好みでアボカド、チーズ、ベーコンがトッピングできます(別料金)。

サイフォンで淹れたコーヒー 880円~

tcc_ginza20
深いコクと香りに癒される
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

シンガポール店と同じように、サイフォン式で丁寧に淹れたストレート・コーヒー。香り・コクともに深い味わいの一杯が楽しめます。

tcc_ginza10
サイフォンで丁寧に淹れてくれる
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

店内には、「日本にたった数台しかない」という焙煎マシンを設置。これを使って“自家焙煎”したコーヒー豆を使うこだわりぶりです。最近はサードウェーブのカフェが話題になっていますが、tcc では10年以上も前からこのスタイルでコーヒーが提供されているとか。

tcc_ginza25
ここで焙煎したコーヒー豆をテイクアウトもできます。
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

なお、サイフォンコーヒー以外にも、エスプレッソマシンやハンドドリップ式マシンを使ったコーヒーが用意されていますので、お好みのスタイルで。

コーヒー好きな方もじゃなくても、挽きたての豆の香りにやみつきなりそう。

ヘーゼルナッツ フラッペ 750円

tcc_ginza8
これでさらに気分は南国シンガポール!!
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

ドリンクメニューには温かいコーヒーのほか、冷たい飲み物もラインナップ。中でも人気なのが、シンガポール tcc オリジナルの「ヘーゼルナッツ フラッペ」です。

程よい甘さで、微細な氷のシャリシャリとした食感がアクセントに。ヘーゼルナッツの香ばしさとともに、南国情緒が口いっぱいに広がります。

●tcc Steak & Seafood(4階) おすすめメニュー

骨付きリブロースステーキ 500g 7,900円

tcc_ginza22
オススメ No.1 メニューの骨付きリブロースステーキにテンションはMAX

tcc Steak & Seafood の一押しは、何といっても見た目のインパクト絶大な骨付きリブロースステーキ。アメリカ農務省認定の“ハイランク”に格付けされている牛肉を、上火式ブロイラーで焼き上げているそうです。

外側を強火で余分な脂を落としながら焼くことでジューシーな肉汁を閉じ込め、外は香ばしくカリッと、食べると柔らかい「理想的なステーキ」に仕上がるのだとか。

チリ・キングクラブ 4,900円

tcc_ginza23
揚げパンとともに提供されます
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

シンガポールを代表する料理“チリクラブ”。

本場では、ドウマンガニやソフトシェルクラブなどが使われるそうですが、今回は日本ならではの“タラバ蟹”が豪快に使われているのがまたうれしいポイント♪

お皿に盛り付けられたタラバ蟹には、スパイシーチリソースがたっぷり。トッピングのコリアンダーとともに辛いソースを絡めて食べれば、お口の中はたちまちシンガポールへトリップすること間違いなしです。
豪快に手がべとべとになるのも、おかまいなし。シンガポールのソウルフードを楽しみましょう♪

tcc_ginza5
トロピカルムード満点なカクテルたち
出典http://entabe.jp/news/gourmet/7438/singapore-restaurant-tcc-opens-in-ginza-tokyo

このほか、色とりどりのカクテルやデザートメニューも用意されます。

カジュアルな食事からデートや接待にご利用いただける料理までそろえている。

心ゆくまでシンガポールを食べつくしてみてはいかが?

店舗情報
東京都中央区銀座5丁目9-1 銀座幸ビル3F、4F。
営業時間11時~23時(ラストオーダー22時)。

※表記価格はすべて税別

関連記事