【世界最大のスタバ】工場!?スタバ世界一贅沢な店舗はここだ!!

【世界最大のスタバ】工場!?スタバ世界一贅沢な店舗はここだ!!

シアトルに出来たスタバの新店舗がスゴいことに・・・
世界最大のコーヒーチェーン「スターバックス」が、2014年12月4日、発祥の地であるシアトルに驚愕の新店舗をオープンしました。広さ4,500平方メートルという広大な店内はどう見ても工場。

工場の中にカフェカウンター

14f529e37d2e9aca01999f69d883a914
出典:www.fastcasual.com

ひたすら広いスペースの中央に不自然な形で存在するカウンター。 よーく見ると、世界一有名な、あの緑と白のマークがあるのがわかります。 そう。どう見ても工場なこの場所は、スタバが発祥の地であるシアトルにオープンした新店舗なのです!

Reserve Roastery and Tasting Room

febd9e76c9c0a1c4142eb17f9fe7db0c
出典:www.fastcasual.com

広さなんと4,500平方メートルのその店舗の名は「Reserve Roastery and Tasting Room(リザーブロースタリーアンドテイスティングルーム)」。スタバの名前が入ってないのが驚きです。 ルームと呼ぶには広すぎるその広大な店内は、カフェではなく焙煎工場がほとんどのスペースを占めています。

79cfe9c776862da9dd19f688d5c82ee6
出典:www.fastcasual.com

この店舗では、まだコーヒーが青い豆の状態から、コーヒーとして提供されるまでの全ての行程をその目で確認することが出来ます。
eb2c468d01b9e438104396e2023b8b26
出典:www.fastcasual.com

自分が飲むコーヒーがどのような行程で焙煎されるのか、コーヒー好きであれば少なからず気になるところ。 そうなると、世界企業であるスターバックスのコーヒーを作る過程が隅から隅まで覗ける、というのが、この店舗の何よりの魅力と言えるのではないでしょうか?

914b9c9be5adb059a8f2be0f27e21749
出典:www.fastcasual.com

大型のロースターを通った豆がパイプラインの中で冷やされ、グラインダーを通って粉になったものを、フレンチプレスやサイフォンなどの数種類の方法から自分が好みの挽き方で提供してくれます。まさに「ロースタリー(焙煎)」と「テイスティング(試飲)」。 好きな豆を、好きな挽き方で楽しむ。今注目のスペシャルティコーヒーの精神です。

827a7ab7afe5481ba29c403078211c45
出典:www.capitolhillseattle.com

提供されるコーヒーは、世界の中でも限定店舗のみで提供されている「STARBUCKS RESERVE(R)」のもの。 あの超高級豆、ゲイシャ種のコーヒーももちろんございます。

▶ゲイシャ種のコーヒーについてはコチラの記事を御覧下さい

1杯1,850円!スタバ新発売の高級コーヒーで贅沢なコーヒー体験を♬
スターバックスでは、希少なパナマ産ゲイシャ種のコーヒー 「パナマ アウロマール ゲイシャ」の販売を9月17日から限定店舗で開始します。

新店舗の様子はコチラ
893b13e16bdf96ba9e8b2c57932f2d47
出典:www.fastcasual.com

綺麗な景色や好きな本を見ながらコーヒーブレイクを楽しむのはもちろん最高ですが、好きなコーヒーが出来上がる様を見ながらそのコーヒーを飲むというのもまたオツなもの。

1140d9f901be297b8ac843b0403f471c
出典:www.seattlepi.com

73e33ce4a302c8a982f043891d693f7f
http://macaro-ni.jp/8272
出典:www.dailymail.co.uk

なんと2016年には同様の店舗をアジアにも展開予定だそうなので、それが日本に出来ることを願って待ちましょう!

関連記事