レストラン

【半蔵門】『ARGO(アルゴ)』で極上フレンチデートはいかが?♡

半蔵門「アルゴ」で絶景を眺めながら極上フレンチデートはいかが?♡
半蔵門「ARGO(アルゴ)」は極上フレンチを味わう事ができるレストラン。都心を一望できる景観も自慢です。食材に並々ならぬこだわりを持ち、和牛のルーツ“見島牛”を提供している希少なお店でもあります。優雅に演出される独創性と美しさは見事の一言!

都心パノラマビューを眺めながら極上フレンチを

皇居にも近い半蔵門。東京オフィス街の中心地であるこのエリアでは、舌の肥えたOL女子達を満足させるべく、多国籍グルメが静かに火花を散らしています。
地上9階からは東京スカイツリーや東京駅も見える、絶好のロケーション!皇居も一望できる豪華な景観に心が浮き立ちます。
今回ご紹介するのは、独創的でありながら雅やかなフレンチを味わうことができるこちらのお店です。
「ARGO(アルゴ)」

36f45f6ccf59ea678dd9b18b2ec809f7

店内は重厚な本棚で仕切られており、一方はライブラリーカフェとしてまた違う魅力を放っていますが、本記事ではレストランにスポットを当ててご紹介していきます。

9bc1e7014021dc9145eae4563f1d9ee0

ギリシャ神話に登場する天空に浮かぶ優雅な船の名を由来に持ち、フランスの高名な三ツ星レストランで修行を積んだシェフが腕を振るう、至極のフレンチレストランなのです。
あくまで主役は食材!優美なストーリーが一皿に
▶スペシャリテは最高級食材 “見島牛”

cb3deab70b9ca6f466c3e64cdff9a211

天然記念物の“見島牛”は幻の純和牛と呼ばれ、黒毛和牛のルーツともいわれています。自然な霜降りを持つ最高級食材です。年間わずか6頭ほどしか出荷されないという大変貴重なもの。(※島外に搬出されると天然記念物の指定から外れます。また、繁殖用にメスは残されるなど適切に保護されています。)
* 見島牛のポワレ フォアグラとマデラ酒のソース、海塩と岩塩添え

9fd9c9954b949d0aa9f2303a8fdc5c97

元々は農耕家畜として飼育されていたため、繊維質も細くしなやかな肉質。冬に蓄える脂肪が天然の霜降りになっていくのですが、良質な赤身だけ食べるためにあえて脂身を削ぎ落としていただくのが格別の味わいだとか。
ブランド牛の様に脂身がひつ濃くなくてあっさりと 引き締まった味 この味こそ本来牛が持つ自然の味なのだろう 実に崇高で上品な美味

* 黒ムツのポワレ ほうれん草で包んだグレープフルーツの泡、シャンパーニュとクリームのソース

82b20b5d947c6aaa6c756d14f4ab0bec

こちらもポアレですが、食材は絶品の“魚”!長崎県産の黒ムツは、ふっくらした芳醇な身でしっとりした口触り。グレープフルーツの爽やかさとシャンパーニュの風味が楽しいクリームソースで召し上がれ。
* もうひとつのコースの顔!『アミューズ』

eabd5c9c4f9fb3d606f4b480a076c0c6

前菜の前にやってくるアミューズには「アルゴ」の独創性がギュッと詰まっています。美しいビジュアルと優美な味わいに、ワクワクと食欲が刺激されること間違いなしですよ♡
ウエルカムシャンパンに続き、アミューズが! 独創的な盛り付けに、参加者一同 感嘆の声!

抜群のパノラマビューと、幻の食材と極上フレンチを味わうことができる本当に希少なお店。
ライブラリーカフェも穴場スポットとして人気!贅沢な夜景も楽しめる豪華ディナーも、リーズナブルに高級フレンチを体験できるランチも、どちらもオススメの最上級レストランです♪

▶店舗情報

【住所】〒102-0083 東京都千代田区麹町1-12 ONE FOUR TWO by tojo 9F
【TEL】03-3265-5504
【営業時間】[月~金] 11:30~14:00(L.O)、18:00~21:00(L.O) [土・日・祝] 11:30~20:00(L.O)
【定休日】水曜日
【参考URL】http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13018870/

東京都千代田区麹町1-12 ONE FOUR TWO by tojo 9F
日本, 東京都千代田区麹町1丁目12

> アルゴ(公式ホームページ)

この記事のキーワード

KEYWORD

RANKING

フィール 占いプレミアム